統計に見る少年ジャンプの高齢化と保守化

風邪ひいて退屈な間に、wikiを渉猟していたら、ジャンプの項で面白いものを見つけた。

掲載漫画の一覧だ。これには、スラムダンク・ハンターハンターのような大傑作から、「あててるのよ」と伝説ではじまり、「よっしゃああああ」と伝説で終わったタカヤまですべてのジャンプ漫画のデータが載っている。

こいつをエクセルにコピーし、ちょっと手を入れた後、二つのグラフを作ってみた。

まずは、こちら、ドン。
グラフ1
ジャンプが始まった1969年から2012年度までの年末号に載っていた漫画の連載継続号数の平均グラフ。たとえば、1983年なら103.0となるが、これは1983年年末号に載っていた漫画は連載開始から平均すると103号数継続しているということになる。一年50号とすると、大体平均年齢2歳といったところだろうか。

ぱっと見て分かるのが、近年になるについて、掲載漫画の平均年齢がうなぎのぼりに高くなっていることだ。最新の2012年年末号では平均 319.9。実に6歳である。ワンピース、ナルト、ブリーチ、こち亀などの人気長編作が平均を押し上げているのだろうが、全盛期公称600万部 だった1994年の数値は、171.2号、3歳ちょっとである。それから、段々高齢化していって、今はほぼ二倍の年齢になってしまったということ だ。高齢化傾向にあるジャンプといっていいのかもしれない。

もうひとつはこちら、ドン。
glaf2.jpg
見にくいな。漫画の開始年度と、それが連載終了したときまでの掲載号数の平均グラフである。たとえば、1987年は94だが、この年に連載開始した漫画は平均すると94号目で打ち切りになったということだ。漫画の平均余命といっていいのかもしれない。こちらは、はじめのグラフほど、全体としての傾向は 見当たらない。こち
亀によって1976年が、ハンターハンターによって1998年が山になっているのが目立つくらいだ。だが、近年、特に2009 年以降を見ると、いずれも70週未満で終わってしまっているのが気になる。

総括すると、下記2点のことが言えるかもしれない。

1)ジャンプ漫画は高齢化している
2)新連載漫画が短命で終わる傾向にある

編集陣が長期連載陣に頼り、そのことによってデビュー枠が狭められ、ようやく掲載の決まった新人作家も十分育たない、もしくは育てられないうちに 打ち切られ、そのことによってますます長期連載陣に頼っていく。少年を名乗りながら、ジャンプは今そんな保守化・高齢化のスパイラルに入ってしまっているのだろうか。

この記事へのコメント

トラックバック

URL :

三国志連載小説
花武担 花武担
プロフィール

黒澤はゆま

Author:黒澤はゆま
歴史小説家。はゆまは古語で「早馬」「報せ」の意味。小説のことや歴史のこと、また日々の徒然のことを、「報せ」ていこうと思います。三国志を舞台にした小説「花武担」連載中。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
ご意見、ご感想はこちら。必ず返信します

名前:
メール:
件名:
本文:

works
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR