すみれファンファーレ

あたたかくなってきたのはいいが、今年は花粉がひどい。目にはあまり来ないのだけど、鼻がつまるつまる。

アレグラ飲んで少しはましになったけど、しんどいなぁ。はやくシーズン過ぎないものか。

アレルギーに効くというシジュウム茶をすすりつつ、「すみれファンファーレ」を読了。カバーの絵がかわいらしく、前から気になっていたのだ。

読んでみると、主人公のすみれちゃんがやけに大人びているのが気になった。小学四年ってこんなもんだったかしら?

でも、最近は大人が大人にならないまま子供を産んじゃうから、逆に子供の老成がはやいのかもね。常に周りの大人に気を配り、その場、その場を大切に、居心地よくしようと奮闘するすみれちゃんは可愛いというより、いじらしく、かわいそうだった。

はゆまが小4のときは、もっと馬鹿で気楽で、なぁんにも考えずにすごしていたと思うんだけどなぁ。そういえば、その頃の、一番の大事件は、おしっこしてくると言って、通学ルートから林へ離れていったやすぼうが猪のわなにひっかかったことだったっけ。

この記事へのコメント

トラックバック

URL :

三国志連載小説
花武担 花武担
プロフィール

黒澤はゆま

Author:黒澤はゆま
歴史小説家。はゆまは古語で「早馬」「報せ」の意味。小説のことや歴史のこと、また日々の徒然のことを、「報せ」ていこうと思います。三国志を舞台にした小説「花武担」連載中。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
ご意見、ご感想はこちら。必ず返信します

名前:
メール:
件名:
本文:

works
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR