書評を書いてもらいました!

その博覧強記振り、複雑な物事を優しい語り口で解きほぐす分析・表現力において、はゆまなど足元にも及ばない同郷のカリスマブロガー、弓木様が「劉邦の宦官」の書評をかいてくれました。

http://yumiki.cocolog-nifty.com/chrono/2013/03/post-3ac9.html

作者はまるで体験者でもあるかのように、2200年前の漢代の生活をなまなましく語っている。

上のような嬉しいことも言ってくれ、面はゆい限りです。

書評以外の記事も、どれも面白いものばかり。特にお勧めは文化人類学・エスキモーにかんする記事です。是非是非、御覧あれ。

この記事へのコメント

トラックバック

URL :

三国志連載小説
花武担 花武担
プロフィール

黒澤はゆま

Author:黒澤はゆま
歴史小説家。はゆまは古語で「早馬」「報せ」の意味。小説のことや歴史のこと、また日々の徒然のことを、「報せ」ていこうと思います。三国志を舞台にした小説「花武担」連載中。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
ご意見、ご感想はこちら。必ず返信します

名前:
メール:
件名:
本文:

works
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR