一週間

2月20日の発売から一週間、感想をチラホラ送ってくれる人も出てきた。本をせっかく出しても、底なし井戸に石を落としたときのように、何の反応もなく、心細く頼りない気持ちを味わうという心配は杞憂に終わったようだ。

宮崎の友人からはもっとも嬉しい便りもあった。イオンの本屋で見つけたらしい。

882404_289479687847334_150315418_o.jpg

やはり南国、民放は二局しかないし、チャンネルを変えるときは、表つけて、裏つけてで表現するし、イオンがデートコースだし、登校ルートから外れた子供がまじでイノシシの罠にひっかかるという、ど田舎だが、人はとっても温かい。

早速、お師様の紹介もあり、大阪で歴史ある雑誌との仕事も出来そうだ。これもすべて出会ってきた人のおかげだと思う。慢心せず、一つ一つ丁寧に仕事をしていきたい。

この記事へのコメント

トラックバック

URL :

三国志連載小説
花武担 花武担
プロフィール

黒澤はゆま

Author:黒澤はゆま
歴史小説家。はゆまは古語で「早馬」「報せ」の意味。小説のことや歴史のこと、また日々の徒然のことを、「報せ」ていこうと思います。三国志を舞台にした小説「花武担」連載中。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
ご意見、ご感想はこちら。必ず返信します

名前:
メール:
件名:
本文:

works
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR