発売開始

今日が大阪の発売日。

昼の仕事の関係で梅田に行ったついでに、紀伊国屋書店に寄ると「劉邦の宦官」平積みされていた。

20130221120555.jpg

いつも行く本屋で自作を見るのは、なんだか不思議な気持ち。

いろんな人たちにかかわって、綺麗にディスプレイされている我が子は、自宅の富士通PCのデスクトップで「初長編」という名のアイコンだったときとは別人のように輝いて、遠くにいるような感じがする。

ふわふわ雲の上を歩くような気持ちで二冊レジに持って行く。出版社から発売日前にもらったものは、配ったり、売ったりしているうちに、在庫がなくなってきていたのだ。

レジに通すとき、

「これ同じ本二冊ですけどいいんですか?」

そうレジ係りのお姉さんに聞かれたので、

「ええ、いいんです」

と笑顔で答えておいた。

この記事へのコメント

トラックバック

URL :

三国志連載小説
花武担 花武担
プロフィール

黒澤はゆま

Author:黒澤はゆま
歴史小説家。はゆまは古語で「早馬」「報せ」の意味。小説のことや歴史のこと、また日々の徒然のことを、「報せ」ていこうと思います。三国志を舞台にした小説「花武担」連載中。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
ご意見、ご感想はこちら。必ず返信します

名前:
メール:
件名:
本文:

works
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR