イカ娘 13巻

相変わらずの出来である。漫画としてとにかく程度が低い。

やっぱり、この人は漫画家ではなく、イラストレータなのだと思う。一枚絵のクオリティの高さとは対照的に、コマ割りがとにかく下手。

とくにひどいのはコミック書き下ろしのカラーページ。一緒に乗っているスキーのリフトからイカ娘が落ち、それに驚く栄子の見返りの表情を真正面から捉えたコマがあるのだが、その次のコマがなんとリフトを見上げるモブスキーヤーの視点になっている。

普通というか、絶対にこれは栄子からの視点でないとだめである。話のオチは触手でリフトの下にもう一つリフトを作ってという、この漫画ではお決まりのパターンなのだが、モブの見上げる視点になっているために、最後のコマでのイカ娘の表情も栄子の表情も小さくてわからず、迫力のないものになっている。こんなところに、作者の致命的な漫画センスの欠如を見る。

デビュー当時から指摘されていた話もまったく上達しないまま。ネタ自体面白くないうえに、展開の仕方もひどい。ストーリーといえるようなストーリーもないくせに、なぜ話がギクシャクするのか、そのコツを逆に聞きたいくらいである。

でも、じゃぁ、この作品がコンテンツとして何の価値もないかというと、そんなことはない。コマ割は下手、ストーリーはつまらない、展開もひどい、でも、だからどうした、イカちゃんはかわいいじゃないか。そういわれると、だまらざるをえない。そんな不可思議な、理不尽な力がある作品なのである。

だからこそ、はゆまも毎回、毎回「これはひどい!」と絶句しつつも、出版されるたびに買い、今も全巻そろった本棚を見て、ついニヤニヤしてしまうのだろうと思う。

この記事へのコメント

トラックバック

URL :

三国志連載小説
花武担 花武担
プロフィール

黒澤はゆま

Author:黒澤はゆま
歴史小説家。はゆまは古語で「早馬」「報せ」の意味。小説のことや歴史のこと、また日々の徒然のことを、「報せ」ていこうと思います。三国志を舞台にした小説「花武担」連載中。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
ご意見、ご感想はこちら。必ず返信します

名前:
メール:
件名:
本文:

works
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR