発売日決定

編集者さんから、発売日の連絡が来た。
また変更あるかもしれないが、来年、2013年2月15日(金)

年内がいいなぁ~と思っていたのだが、こればっかりは仕方がない。搬入日(取次に納品する日)が12日(月)ということなので、東京や大阪の書店に並ぶのはもう少し早いだろう。いずれにせよ、ほっと落ち着いた感じだ。日が近づいてきたら、またタイトルや内容について、ぽつぽつこのブログで公開していきたい。

思えば、その出版社のアニメキャラのポスターがぺたぺた貼られた待ち合わせ室で、初めて編集者という人種に会ったのが、去年の11月。原稿を拾い上げてくれたエージェントさんに付き添われてだったが、それでもかなり緊張した。

作品の修正内容について三人での打ち合わせを終えたときは、もう夢は指呼の間と思っていたが、それから丸一年、結構時間がかかった。編集者さん側の意図をこちらが読み取れていなかったり、歴史的考証の部分での誤りが見つかったりと色々。

この段階でへこたれてしまう人も何人かいるということだったが、確かにしんどい作業だと思う。自分の作品を他人に品評されて、ずたずたに削られたり、あるいは話をつけ足されたりすることを心地良く感じる人は、あまりいない。はゆまは教室に通っていたから、他人から講評を言われること自体にはなれている方だったが、それでもしんどいなぁと感じるところは多々あった。

ただ、そこで脱落する人とそうでない人を分けるのは、結局のところどこまで自作に自信を持っているかだと思う。その作品の根本思想にどこまで自分をかけられているか。これがなかったら、妥協できる最終ラインを引くことも出来なくなるし、自分も自分が伝えようとしたかったことも見失なってしまう。書き直しも、ただただ人の意見を、ペンでなぞるだけの本当の作業になってしまうことだろう。そういう無味乾燥な仕事に長時間耐えられる人はそうはいないものだ。

まぁ、まだデビュー前で、そんな偉そうなこと言える立場でもないので、今日はこの辺で。

にほんブログ村 小説ブログ 小説家志望へ
にほんブログ村

にほんブログ村 小説ブログへ
にほんブログ村

この記事へのコメント

おめでとうございます! - 南雲 - 2012年12月22日 23:17:40

いよいよですね。書店に並ぶのが楽しみです。しかし、三國志ネタ面白いっすね。もっとお願いします。

Re: おめでとうございます! - 黒澤はゆま - 2012年12月23日 19:12:15

> いよいよですね。書店に並ぶのが楽しみです。しかし、三國志ネタ面白いっすね。もっとお願いします。

おぉ、こんな辺鄙な場所にまで足を運んでくれるとは……
ありがとうございます!
また、三国志ネタも書かせてもらいますね

トラックバック

URL :

三国志連載小説
花武担 花武担
プロフィール

黒澤はゆま

Author:黒澤はゆま
歴史小説家。はゆまは古語で「早馬」「報せ」の意味。小説のことや歴史のこと、また日々の徒然のことを、「報せ」ていこうと思います。三国志を舞台にした小説「花武担」連載中。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
ご意見、ご感想はこちら。必ず返信します

名前:
メール:
件名:
本文:

works
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR