英雄の起源

英雄の起源についてつらつら考えています。

日本は農耕民族で狩猟民族じゃないから突出した英雄が出ない。

よく言われる議論ですが「間違い」です。

そもそも、実家の村には猟師が何人もおり、一族集まっての宴会では猪鍋や、鹿の刺身が卓にあがるはゆまからすれば、日本を一概に農耕民族といっていいものかどうか疑問が残りますが、その議論はまずおいておいて。

純粋な狩猟採集社会というと、狩りの達者な人が一番尊敬され、肉も女も一番いいものをもらい、村の政治においても最も大きな権力を握ると思われがちですが、実態はまるで違います。

コンゴ民主共和国のムブティ・ピグミーやアカ・ピグミーのハンターは、大きな獲物をしとめても、まったく興奮の色を見せず、静かな態度でキャンプに戻ってくるのだそうです。

その後、規則にしたがって槍や銃の所有者、猟に参加したものの間で分配され、それからキャンプの各家族へ分配されるのですが、この際、決して肉を直接手渡されることはないのだそうです。

肉は放り投げられ、それを女性がバスケットにつめてキャンプへ持ち帰り、葉にくるんで仲間の小屋の上へ「置き」ます。受け取る側は常に表情を変えず、感謝の意は決して表現されることはありません。

ブッシュマンも、獲物をしとめたハンターは控えめな態度をとるのが普通です。キャンプに戻っても、たずねられるまで答えず、翌日みんなで獲物を取りに行ってもまったく賞賛の声は聞かれません。それどころか、獲物が小さすぎるとか、遠くまで歩かされたとか、ぶつぶつ愚痴を言われるのが常なのだそうです。

ハンター自身も自分の獲物が取るに足らないことを認め、申し訳なさそうな態度を取ります。

無論これは一種のジョークでありまた儀礼です。

ブッシュマン達は肉を平等に分配し、その幸福を存分に味わうわけですから、ハンターの仲間に対する貢献は高く評価しています。しかし、そこで獲物をしとめたハンターが一方的な「威信」を集めることのないよう、節度ある振る舞いを要求するわけです。

長らくピグミー社会の研究を続けてきた丹野正氏によると、彼らの社会は「分け与える」ことではなく「分かち合い」の精神によって特徴づけられています。そして、その前提として「所有」という概念は徹底的に忌避されるのです。

三国志の劉備や曹操、戦国時代の大名達、あるいはローマのカエサルといった人たちを示す意味で、今英雄という言葉を使いますが、こうした社会では、彼らのような人が生まれようがないということは容易に分かるものと思います。

英雄という肥大した自我は、優れた知恵と力で何事かを「所有」し、それを集団に「分け与える」ことで「威信」を示し、集団は彼に対し「感謝」を捧げるというプロセスによって、生み出されます。

しかし、純粋な狩猟採集社会は、そのプロセスのステップ一つ一つを、注意深く摘み取っているのです。これでは、劉備も曹操も織田信長もカエサルも生まれようがありません。

全ての民族は過去狩猟採集社会というものを体験してきていますが、もともと私達の社会は英雄など物騒なものは生み出さない仕組みを内包した社会だったと言っていいのかもしれません。

また、「御恩と奉公」という端的な言葉で、先ほど言ったプロセスを仕組みとしてしっかり組み入れた武家社会を過去に持つ、私達日本人の社会は、突出した英雄を嫌う社会どころか、実はそれが大好きな社会なのです。よく言われる嫉妬深さも、その大好きの分だけの反作用に過ぎません。

さて、ここで、タイトルに立ち返ってみると、英雄の起源は、狩猟採集社会のなかに見つけることは出来ません。むしろ、狩猟採集社会から、農耕牧畜社会への移行期に、この肥大した「これは俺のものだ」「俺がお前にこれを与える」「だからお前は俺に感謝しろ」と言い始めた自我は生まれ、彼の存在がブーストともなって社会の移行が完成したのではないでしょうか。

そして、リビアの砂漠で、メソポタミアの平原で、中国の黄河や長江のほとりで、生まれた彼こそが、全ての皇帝の、王の、大名の起源であり、人類を先に述べた「分かち合い」のエデンの森から追放し、なべての栄光と悲劇のルーツとなった存在なのです。

この記事へのコメント

トラックバック

URL :

三国志連載小説
花武担 花武担
プロフィール

黒澤はゆま

Author:黒澤はゆま
歴史小説家。はゆまは古語で「早馬」「報せ」の意味。小説のことや歴史のこと、また日々の徒然のことを、「報せ」ていこうと思います。三国志を舞台にした小説「花武担」連載中。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
ご意見、ご感想はこちら。必ず返信します

名前:
メール:
件名:
本文:

works
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR