インドネシアなう

インドネシアなうである。

初めて来たが、のっけの空港からなかなか難易度が高い。米ドル25ドルでビザを買わなくてはいけないし、コンベアが短すぎて荷物が出てくるまでに30分かかる。受け取ったあとも、タイやマレーシアではノーチェックだったが、x線検査を受けなくてはならないなどなど。

空港からホテルまでの風景の感じで言うと、同じイスラム国でお互いライバルと意識しあっているらしいマレーシアの発展度が10だとしたら、インドネシアはまだまだ5か6という感じ。市街地に入ってもところどころ真っ暗だし、ビルも少ない。

だが、出会う人は皆陽気でフレンドリー。シャイで真面目なマレーシアとは対照的だ。まず笑顔が迎えてくれる感じである。

古代中国では越として表現された種族が南に拡散して到達した国の一つである、インドネシアは、かつて海洋帝国を築いたこともある。これからおそらくタイも超えて、ASEANの覇権国として台頭してくるだろう。

約一週間の滞在だが、どんな出会いが待っているか楽しみ。

ていうか、花武担の初投稿はインドネシアからになりそうだな。

この記事へのコメント

トラックバック

URL :

三国志連載小説
花武担 花武担
プロフィール

黒澤はゆま

Author:黒澤はゆま
歴史小説家。はゆまは古語で「早馬」「報せ」の意味。小説のことや歴史のこと、また日々の徒然のことを、「報せ」ていこうと思います。三国志を舞台にした小説「花武担」連載中。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
ご意見、ご感想はこちら。必ず返信します

名前:
メール:
件名:
本文:

works
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR