男子厨房に入るべからず?

男子厨房に入るべからずという言葉があります。

女性が料理し、男は食べるだけというのが、日本の伝統的家族生活であるという印象を、この出典不明な言葉は作り上げてきました。

で、今、はゆまの手元には「幕末下級武士の絵日記」という本があるのですが、このなかの絵を見ると、男は厨房に入りまくっています。別に厨房でなくても縁側に長火鉢を置いて豆腐田楽を焼いたり、芋汁をよそったりと、結構、昔の武士は気さくに料理したり、配膳したりしていたようです。

大体戦国時代に遡っても、伊達政宗は「馳走とは旬の品をさり気なく出し、主人自ら調理して、もてなす事である」と言っていますし、由緒正しい室町武士の気質を残した細川幽斎も料理が大好きでした。イメージと違い、武士はひょこひょこ厨房に顔を出していたようです。

ただ、これまたはゆまの手元にある「中世の家と性」という本によると、厨房のなかに男女共いる場合、まったくジェンダーがなかったかというとそうでもないようで、野菜や果物は女性が小さなまな板を使って切り、肉や魚は男性が大きなまな板を使って切っていました。そして煮炊きなど火を使うのは女性で、意外なことに、お櫃を手元に置いて家族全員にご飯をよそってあげるのは男の役割でした。

「かぁちゃん、おかわり!」

じゃなく、

「とうちゃん、おかわり!」

だったのですね。

何にせよ、家事は男女分担というのが、実は日本の古きからの伝統でした。

じゃぁ、いつから男子厨房に入るべからずになったのかというと、どうも明治時代からのような気がします。男が女に厨房での仕事を押しつけたというより、富国強兵を国是とした近代国家が厨房から男を取り上げたのですね。

なので、男が料理をするのは草食化でも新しい家族の形でも何でもなく、長いスパンで日本の歴史を見ると実に当たり前な、むしろ保守回帰なことだったりするのでした。

この記事へのコメント

トラックバック

URL :

三国志連載小説
花武担 花武担
プロフィール

黒澤はゆま

Author:黒澤はゆま
歴史小説家。はゆまは古語で「早馬」「報せ」の意味。小説のことや歴史のこと、また日々の徒然のことを、「報せ」ていこうと思います。三国志を舞台にした小説「花武担」連載中。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
ご意見、ご感想はこちら。必ず返信します

名前:
メール:
件名:
本文:

works
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR