平野に降りていく戦国武将

もし、戦国時代から江戸時代にかけての人の動きを、俯瞰形ゲームのシヴィライゼーションやAOEのように見ることが出来たら、盆地や山岳地帯から海側の開けた平野にぞろぞろと人の群れが動いていくのを観察出来たかもしれない。

豊臣政権から徳川政権にかけて、全国の有力な地方武将は拠点をそれまでの山岳地から海側の開けた平野に移動している。毛利輝元は元就以来の吉田郡山から広島へ、長宗我部元親は岡豊から高知へ、伊達政宗は岩出山から仙台へという感じだ。

日本の代表的な平野は大河の堆積作用によって出来た沖積平野がほとんどなので、平野部の開発は常に治水とワンセットになる。平野部に拠点を構えられるようになったのは、平和になったからというのもあるが、大規模な治水を可能に出来るだけの権力が、検知や刀狩りを通じて地方大名達に備わってきたということだ。

一方、濃尾平野を拠点にした織田家、大阪平野を拠点にした豊臣家、最初は岡崎平野に次に関東平野に拠点を移した徳川家は、最初から平野に降り立った大名だった。他の戦国武将達は彼等の仕様を見て、一つ真似してみようかと、平野に降りてきたのである。

この記事へのコメント

トラックバック

URL :

三国志連載小説
花武担 花武担
プロフィール

黒澤はゆま

Author:黒澤はゆま
歴史小説家。はゆまは古語で「早馬」「報せ」の意味。小説のことや歴史のこと、また日々の徒然のことを、「報せ」ていこうと思います。三国志を舞台にした小説「花武担」連載中。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
ご意見、ご感想はこちら。必ず返信します

名前:
メール:
件名:
本文:

works
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR