宮崎駿「風立ちぬ」考察(1)

風立ちぬを連れ合いと見てきました。

素晴らしい映画。

とにかく、その一言しかない。

家に帰ってしばらくたった今も、興奮さめやらぬの状態です。足がまだ振動するジュラルミンのタラップの上にいるみたい。

しかし、これまでのジブリ映画と、まるで違うものになっているため、首をひねる人も多いと思う。実際、ネット上では酷評の声も目立ちますし、連れ合いも、どこが盛り上がりか分からなかったと、怪訝な顔をしていました。

確かに解釈が難しい映画です。はゆまだって、どう読み解けばいいか困惑している部分もあります。

ただ、はゆまは、この映画を見て、かつて読んだ宮崎駿のある文章を思い出しました。それはサン=テグジュペリの短編集「人間の土地」のあとがきに、彼が寄せた「空のいけにえ」という文です。この奥行きの深く、難解な映画を読み解く鍵に、この「空のいけにえ」がきっとなると思います。

◆空のいけにえ

人間のやることは凶暴すぎる。20世紀の初頭に生まれたばかりの飛行機械に、才能と野心と労力と資材を注ぎ込み、失敗につぐ失敗にめげず、墜ち、死に、破産し、時に讃えられ、時に嘲られながら、わずか10年ばかりの間い大量殺戮兵器の主役にしてしまったのである。……操縦士、機関士、銃手、通信士達は皆おどろく程若く、おどろくべき速さで消耗し死んでいったのだ。……国家は、死の大釜に若者達を送り込みつづけた。……サン=テグジュペリの作品や、同時代のパイロット達が好きになればなる程、飛行機の歴史そのものを冷静にとらえなおしたい、と僕は考えるようになった。


サン=テグジュペリは「星の王子様」を書いたフランスの作家で、同時に飛行士だった人です。生前は、自分の飛行体験を書いた小説の方で著名で、「星の王子様」が大ヒットするのは、その死後のことでした。人間の土地も、彼の職業飛行家としての思い出を綴ったもので、まだ脅威の世界であった時代の空の猛々しさと残酷で透き通った美しさ、その空を未成熟な飛行機という野蛮な道具を駆って、勇気一つを武器に、征服しようとした若者達の目映い生と死、そしてその特殊な環境で培われる清浄なモラルや友情が描かれています。

宮崎駿は、こんな作品に、上記のような後書き、「人間の土地」だけでなく、自分自身にも批判の矢を向けた文章を書いたのでした。さらに、「空のいけにえ」はこう続きます。

飛行機好きのひ弱な少年だった自分にとって、その動機に、未分化な強さと速さへの欲求があったことを思うと、空のロマンとか、大空の征服などという言葉ではごまかしたくない人間のやりきれなさも、飛行機の歴史のなかに見てしまうのだ。自分の職業は、アニメーションの映画作りだが、冒険活劇を作るために四苦八苦して悪人を作り、そいつを倒してカタルシスを得なければならないとしたら最低の職業と言わざるを得ない。それなのに、困ったことに、自分は冒険活劇が好きだと来ている。


宮崎駿のなかで、飛行機の歴史に対する懐疑と、自分自身の職業に対する懐疑が重なりあっていることが分かります。それは彼の生い立ちを考えると当然のことでした。

◆宮崎航空興学と飛行機と戦争

宮崎駿は1941年、宮崎航空興学という飛行機メーカーを一族で経営している家に生まれました。彼の飛行機や、飛翔することに対する強い憧れは、この会社から来るもので、自分自身のルーツも、クリエーターとしてのルーツも、遡れば、当時軍需産業と密接に関わり合っていた飛行機工場に至ります。戦時中、零戦は、10、430機作られますが、そのなかには、宮崎航空興学で組み立てられたものもあるはずです。彼が憧れを持って見あげた飛行機達は、他国の都市に爆弾の雨を降らせ、他国の若者の駆る飛行機を打ち落とし、最後に炎に包まれながら自国の若者の鉄の棺桶となる運命をになっていました。

宮崎駿が四歳のとき、日本は戦争に負けます。軍国少年だった彼は、反動から、以後、徹底した戦闘的平和主義者となります。そして、学習院大学を卒業後、アニメーターとしての道を歩み出し、その後の成功については皆が知るとおりです。

しかし、一方で、彼が、自分の創作者としてのルーツを辿るとき、その源泉には、必ず格納機のなかに、静かに羽を休める軍用機の群れがありました。それは、軍需産業という直接的かつ親子の結ぶ付きだけでなく、未分化な強さと速さへの欲求、そしてカタルシスを根源的に求める人間の業から産み出されたものとして、実は同時に戦争と兄弟の関係にありました。

そして、この関係を敷衍すると、駿自身の作品も、飛行機を介して戦争と孫の関係にあり、また、創作への衝動が、同じく、未分化な強さと速さへの欲求、そしてカタルシスを根源的に求める人間の業から産み出されたものとして、戦争と兄弟の関係にもあるのでした。

根源的な平和主義者としてアニメにたずさわってきた、自分自身のルーツ、創作への衝動、どちらも辿ると飛行機に、そして戦争にたどり着いてしまう。

はゆまは、この自己矛盾への、宮崎駿の解答が「風立ちぬ」だったのだと思います。

長くなってきたので、続きは明日以降に。

この記事へのコメント

トラックバック

URL :

三国志連載小説
花武担 花武担
プロフィール

黒澤はゆま

Author:黒澤はゆま
歴史小説家。はゆまは古語で「早馬」「報せ」の意味。小説のことや歴史のこと、また日々の徒然のことを、「報せ」ていこうと思います。三国志を舞台にした小説「花武担」連載中。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
ご意見、ご感想はこちら。必ず返信します

名前:
メール:
件名:
本文:

works
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR