風雲児たち 幕末編 22巻

風雲児たち22巻読了。

今回は、前巻で、熱を入れて書かれた桜田門外の変の後日談と、咸臨丸渡米の様子がメイン。

幕府の見栄の取り繕い方の見苦しさと、咸臨丸上の若き日の勝海舟、福沢諭吉らの溌剌とした活躍ぶりが対照的。

前巻で非業の死を遂げた井伊直弼や、安藤信正、一色直厚といった幕府側の人々も、本来優位な人材だったと思うが、どれほど個人ががんばっても、一度ヤキが回った組織というのは駄目なんだな。

ちなみに興味を持って調べてみたところ、咸臨丸の咸臨の意味は、『易経』より取られた言葉で、君臣が互いに親しみ合うことを意味するらしい。こんなところにも、権威の落ちた幕府のおもねりみたいなものを感じる。

また、咸臨丸の実質的な指揮官だったジョン・ブルックの描写も秀逸。日本人の誇りを守るため、記者会見では「日本人乗組員達は十分な技術を有していた」とフォローし、実態の書かれた航海日誌を五十年公開させなかったという。この人についても調べると、深海の測深に重大な貢献をする装置を発明し、それが後の大西洋横断海底ケーブルの敷設につながるなど、発明家としてもすごい人だったらしい。アメリカには色々言いたいことはあるが、草創期の日本に対して惜しみなく人材を供給してくれた点は、素直に感謝したいと思う。

ハワイのカメハメハ大王などについての寄り道話も楽しかった。自分の銅像を作る際に、ハンサムな家来を指名してモデルにしたという逸話には大笑い。やっぱり南海の王様というのは、おおらかなんだな。

それにしても、1979年からはじまった本作の連載も、ついに34年を突破。まだまだ先は長いが、前方にかすかにゴールが見えてきた感じだ。この本のタイトルが「風雲児たち」である以上、最終回は、最後の風雲児が斃れたときになると思うが、それは誰なのだろうか? 今から楽しみだ。そして、もう66歳の作者の健康だけが心配である。

この記事へのコメント

トラックバック

URL :

三国志連載小説
花武担 花武担
プロフィール

黒澤はゆま

Author:黒澤はゆま
歴史小説家。はゆまは古語で「早馬」「報せ」の意味。小説のことや歴史のこと、また日々の徒然のことを、「報せ」ていこうと思います。三国志を舞台にした小説「花武担」連載中。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
ご意見、ご感想はこちら。必ず返信します

名前:
メール:
件名:
本文:

works
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR