帝塚山音楽祭

先週の土曜日に、友人たちと帝塚山音楽祭に行ってきました。

メインステージそばの大きな東屋の下に、ちゃっかりビニールシートを敷いて、飲みながらのライブ鑑賞。見事な五月晴れの光は、枝やつるをからませて作った屋根に濾されて優しくやわらかく、右手からは万代の水面を渡る涼風、左手からはフラメンコや、ヘビーメタルなどさまざまなバンドの素晴らしい音楽。

ビールはあくまでうまく、自分達が酒樽になったかのように、するするとのどを通っていく。

夜の酒はひとをおしゃべりにさせるが、昼の酒はひとを活発にさせるみたいだ。最後のソナルディエンテさんのライブのときは、皆踊りだしていた。平和で光に満ちた、よい土曜日でした♪

この記事へのコメント

トラックバック

URL :

三国志連載小説
花武担 花武担
プロフィール

黒澤はゆま

Author:黒澤はゆま
歴史小説家。はゆまは古語で「早馬」「報せ」の意味。小説のことや歴史のこと、また日々の徒然のことを、「報せ」ていこうと思います。三国志を舞台にした小説「花武担」連載中。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
ご意見、ご感想はこちら。必ず返信します

名前:
メール:
件名:
本文:

works
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR