ついに発売!!「九度山秘録: 信玄、昌幸、そして稚児」

新刊「九度山秘録: 信玄、昌幸、そして稚児」ついに発売になりました。

見本本も届き、その美しさにひたすらため息。
駄文を包むにはあまりにも豪奢な衣装を、槇えびしさんが縫いつづってくださいました。

本日から、書店にも本格的に並び出すようです。

どうぞ、お手に取って、昌幸の知られざる少年時代を、そしてあの名将との絆の秘密をお読みくださいませ!!

DSC_1274.jpg

第二作発売!!!

お待たせしました!

デビュー作「劉邦の宦官」から二年半。
第二作がついに今月二十二日発売となります。

タイトルは「九度山秘録」



その名の通り、戦国時代、紀州九度山が舞台です。

察しのよい方は気づいているでしょうが、来年2016年の大河ドラマ「真田丸」と同じく、
戦国最強の家、真田家がメイン!

テーマは前回「劉邦の宦官」が宦官だったのに対し、今回は小姓。

映画やドラマでは、白面の顔をすまして、大名の後ろに控えるだけのマスコットのような彼ら。

しかし、君主の愛人かつ士官候補生という不可思議な存在であった彼らから、
「前田利家」「宇喜多直家」「高坂昌信」「小早川隆景」「毛利勝永」「松永久秀」
などなど、錚々たる英雄が輩出しています。

現代の視点から見れば、奇妙としか言いようのない不可思議な関係から、なぜ「もののふ」が生まれるのか?
そのなぜを解き明かしたいと思って書いた作品です。

表紙まだお見せ出来ないのが残念ですが、力のある有名作家さんの力作になっており、そちらもお楽しみに。

発売までもう二週間と少々。
是非、ご一読を!!!
三国志連載小説
花武担 花武担
プロフィール

黒澤はゆま

Author:黒澤はゆま
歴史小説家。はゆまは古語で「早馬」「報せ」の意味。小説のことや歴史のこと、また日々の徒然のことを、「報せ」ていこうと思います。三国志を舞台にした小説「花武担」連載中。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
ご意見、ご感想はこちら。必ず返信します

名前:
メール:
件名:
本文:

works
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR